/

マクドナルド経常益16%減 1~9月、客単価低下

日本マクドナルドホールディングスは1日、2012年1~9月期連結経常利益が前年同期比16%減の178億円になったと発表した。1~9月期の経常減益は7期ぶり。高単価の商品が振るわず、客単価が想定以上に落ちた。通期業績は計画を下回る公算が大きく、来期に110店舗を追加閉店するなど収益改革に乗り出す。

売上高は1%減の2207億円だった。既存店売上高が2.2%減り、24億円の経常減益の要因となった。

4月からコーヒーの値下げや100円メニューの充実など低価格攻勢で客数は伸びた。ただ、新開発した高単価メニューの購入につながらず、客単価は落ちた。新商品の投入に伴う販売促進費も膨らんだ。

12年12月期で3%増の284億円を見込んでいる経常利益の達成は難しい状況だ。会見した原田泳幸会長兼社長は「震災で消費志向が変わり、今までのやり方は通用しない」と話した。

収益性の低い店舗を例年、年間100店舗ほど閉めているのを、来期は閉店数を200店舗超に増やす。ビッグマックなど看板商品の値下げキャンペーンもやめるほか、新商品も絞り込む。勝ち組だったマクドナルドだが、成長に向け正念場を迎えている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン