マイクロソフト「サーフェス」、1000店以上で販売

2013/3/1付
保存
共有
印刷
その他

日本マイクロソフト(MS)は1日、自社開発したタブレット(多機能携帯端末)「サーフェス RT」を15日に発売すると発表した。全国1000店以上の家電量販店や、自社サイトで販売する。MSが日本でタブレットを発売するのは初めて。競合する米アップルなどに対抗し、新基本ソフト(OS)「ウィンドウズ8」の拡販をねらう。

ウィンドウズ8のうちタブレット向けの「RT」を採用し、10.6型の液晶画面を持つ。文書作成や表計算ソフトも標準で搭載する。価格は記憶容量が32ギガ(ギガは10億)バイトの機種で4万9800円。アップルの「iPad(アイパッド)」の同等モデルより安くした。着脱可能な専用キーボードでノートパソコンのようにも使える。

15日からビックカメラとヤマダ電機、ヨドバシカメラなどで販売する。

日本MSの樋口泰行社長は「パソコンメーカーと一緒になってウィンドウズ8市場を盛り上げていきたい」と訴えるが、各社のウィンドウズ搭載端末に比べるとサーフェスは価格が低め。国内のパソコンメーカーは一段と激しい価格競争に巻き込まれる可能性がある。

サーフェスは2012年10月に米国や中国などで売り出されたが、日本での販売は見送っていた。OS販売の顧客でもある国内10社以上のパソコンメーカーに一定の配慮をしたとみられる。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]