/

関電、78万キロワット調達が不可能に トラブルで外部購入分

関西電力は1日、外部から購入を計画している電力のうち78万キロワットが調達できなくなったと発表した。7月30日に複数の企業で設備トラブルが発生したため。8月中旬には66万キロワット分が復旧する見通しだが、残り12万キロワット分はメドが立っていないという。

これにともない8月の平均供給能力(ピーク時)を従来比35万キロワット減の2951万キロワットに下方修正した。節電効果を考慮しない場合、電力の予備率はマイナス4.8%から6.0%に悪化する。

関電は暑さが本格化する8月の最大電力需要を3138万キロワット、節電による需要引き下げ効果を約140万キロワットと見込む。単純計算すると約50万キロワットが足らないことになる。

関電は不足分を補うためほかの電力会社から融通を受けるほか、自家発電設備を持つ企業からの電力購入を積み増したい考え。1日のオフピーク時には中部電力から緊急融通を受けた。中部電の融通は5月9日に浜岡原子力発電所(静岡県御前崎市)の運転停止を決めて以降、初めて。

そのほか電力の需給が逼迫した場合は、自治体を通じて家庭やオフィスの節電を緊急に呼び掛ける体制も敷いている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン