企業、節電に知恵と汗 供給に余力も料金単価は上昇傾向

2013/7/2付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

政府は1日、沖縄を除く全国で節電要請を始めた。節電意識の浸透などで今夏は安定供給の見通しが立っており数値目標の設定は見送った。ただ関西電力や九州電力など電力各社が値上げに動いているほか、円安による燃料費の高騰で料金単価は上昇傾向にある。企業は消費電力の抑制に知恵を絞っている。

要請期間は9月30日まで(お盆の8月13~15日を除く)の平日午前9時から午後8時。今年は電力各社が供給力を増強したこと…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]