/

弁当宅配の手数料、1万店で無料に セブンイレブン

セブン―イレブン・ジャパンは1日、食事配達サービス「セブンミール」で500円以上の注文をした顧客に対して、7日から全国の約1万店で配達料を無料にすると発表した。昨秋から東京都内の一部などで試験的に実施しており、利用件数が大幅に増えるなど効果が大きいため本格導入する。買い物に出にくい高齢者や働く女性らの利用を見込み、飲料などのついで買いも期待する。

従来は1千円以上の注文から受け付け、手数料は200円だった。今後は500円以上の注文なら手数料無料、500円未満でも手数料120円で届ける。

試験的に500円以上の利用者の配達料を無料にした地域では、注文件数が3.8倍、売上高が2.7倍に増えた。1日1店あたりの平均注文件数は約10件という。

無料化は全店舗の7割にあたる1万店で先行。残りの約4千店では当面は従来の手数料を維持するが、人員などの体制が整い次第無料化する。2011年度で100億円だったセブンミール事業の売上高を、12年度には250億円、13年度には350億円に引き上げる考えだ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン