携帯電話の簡易メール、4社が相互接続 7月13日から

2011/6/1付
保存
共有
印刷
その他

NTTドコモ、KDDI(au)など携帯電話4社は1日、7月13日からショート・メッセージ・サービス(SMS)と呼ばれる簡易メールの相互接続を始めると発表した。メールアドレスがわからなくても、携帯電話番号さえわかれば異なる携帯電話会社間でも簡易メールを送受信できるようになる。

ドコモ、KDDI、ソフトバンクモバイル、イー・アクセス(イー・モバイル)の4社間でSMSの相互利用のシステム開発や迷惑メール対策の仕組みを整備した。これまで同一携帯電話会社の利用者間でしかやりとりできなかった。

SMSは全角70文字までの文字が送れる。簡易メールを送る側のみ料金がかかる。NTTドコモは同日、SMSの送信料を5.25円から3.15円に値下げすると発表。7月からは携帯電話4社で1通当たり2~3円程度でSMSが使えるようになる。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]