/

政投銀、パルコ社債を普通株に転換 TOB応募へ

日本政策投資銀行は1日、保有していたパルコの新株予約権付社債(転換社債=CB)をすべて普通株に転換した。転換した株式の総数は1898万7300株で、パルコの発行済み株式総数は1億146万2977株となった。政投銀の持ち株比率は18.7%で、イオンを抜いて第2位株主となった。パルコを巡っては、筆頭株主のJ・フロントリテイリングがTOB(株式公開買い付け)を通じた子会社化を目指している。政投銀はTOBに応募する方針だ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン