/

米アップル・MSの特許管理会社、グーグル提訴 特許侵害で

【シリコンバレー=兼松雄一郎】米アップル、米マイクロソフト(MS)などの特許を共同保有する管理会社が10月31日、特許侵害で米グーグルなどを米連邦地裁に提訴した。争点となる特許はネット検索の内容に合った広告を選ぶ技術など。主に検索を主力事業とするグーグルを狙い撃ちした可能性が高い。

韓国のサムスン電子とLG電子、台湾の宏達国際電子(HTC)と華碩電脳(エイスース)、中国の華為技術(ファーウェイ)と中興通訊(ZTE)なども同時に提訴されている。これらの会社はスマートフォン向け基本ソフト(OS)の採用でグーグルと関係が近い。

対象となった特許は経営破綻したカナダの通信機器大手ノーテルが2011年に45億ドル(約4400億円)で売却したものの一部。買収した側のアップル、MS、カナダのブラックベリー、スウェーデンのエリクソン、ソニーなどで構成される企業連合「ロックスター」が管理している。

この投資額のうち半分程度をアップルが出資したといわれており、今回の訴訟の裏にもアップルの意向が働いているとみられる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン