/

スカイマーク、日航退職者470人を採用へ

スカイマークは1日、会社更生手続き中の日本航空の退職者470人を採用する計画を発表した。スカイマークは2014年度に国際線への参入を表明しており、日航出身のパイロットや客室乗務員らを即戦力として採用し、体制強化を図る。

パイロットは約120人を随時募集し、契約社員として採用後に正社員に登用する。整備士も約50人を随時募集。35歳未満を正社員、35歳以上を契約社員として採用する。客室乗務員については来年3月末までにまず約100人、13年までの累計で300人程度を契約社員として採用する。

合計するとスカイマーク社員数1378人(11月1日現在)の約3割にあたる規模になる。

スカイマークは今年に入って日航出身者の採用を進め、すでに一定数を受け入れたもよう。国際線参入に向け、改めて日航出身者の採用強化を打ち出した格好だ。

同社は11年秋にも成田空港発着の国内線を就航させる計画。国際線に使う欧州エアバスの大型旅客機「A380」の購入も発表している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン