2019年1月22日(火)

トヨタ、レクサスなどリコール 8車種、27万台に

2010/7/1付
保存
共有
印刷
その他

トヨタ自動車は1日、高級車「レクサス」など8車種を対象に国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出ることを検討していると発表した。エンジンが停止する恐れがあるという。国内9万台、海外18万台、合計27万台が対象になる。

対象車種はレクサスが「LS460」「LS600h」「LS600hL」「GS460」「GS450h」「GS350」「IS350」の7車種。「クラウン」も対象になる。

今回の不具合では、最悪の場合に走行中にエンジンが停止し、再びかからなくなる恐れもあるという。現時点では事故の報告はないとしている。

トヨタによると、エンジンの部品であるバルブスプリングに製造過程で異物が混入した結果、時間の経過とともに亀裂が入る可能性があるという。早急に改善策をまとめたうえでリコールを届け出る。国内に加え米国など海外でも同様の措置を講じる。

トヨタは昨秋以降、ハイブリッド車「プリウス」などで相次ぎ不具合が発生、世界で大量リコールを迫られた。こうした事態を受け、品質問題に関する特別委員会を設置するなど再発防止策を講じてきた。最上級のレクサスでエンジン不具合が表面化したことで、厳しい対応を迫られそうだ。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報