任天堂が最終赤字に 4~9月、円高やソフト不振

(1/2ページ)
2010/9/29付
保存
共有
印刷
その他

任天堂は29日、2010年4~9月期の連結最終損益が20億円の赤字(前年同期は694億円の黒字)になる見通しだと発表した。主力の携帯型ゲーム機「ニンテンドーDS」シリーズやソフト販売が低迷し、円高も響いた。裸眼で立体映像が楽しめる新ゲーム機の発売が来年2月にずれ込むことになり、通期の業績予想も下方修正した。

同社が半期ベースで連結最終赤字に転落するのは、03年4~9月期以来7年ぶりとなる。従来、10年4~9月期は700億円の黒字予想だった。

11年3月期通期予想も大幅に下方修正した。売上高は前期比23%減の1兆1000億円(従来予想は1兆4000億円)、純利益は61%減の900億円(同2000億円)にとどまる。新ゲーム機「ニンテンドー3DS(スリーディーエス)」の発売が年末商戦に間に合わないのが響く。

業績連動型の配当政策に基づき、年間配当は従来予想より280円少ない550円(前期実績は930円)に減らす。

  • 1
  • 2
  • 次へ

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]