/

この記事は会員限定です

ソニー情報流出 侵入手口2つの可能性

「サーバー欠陥突く」「社員のパソコン乗っ取り」

[有料会員限定]

ソニーが運営するインターネット配信サービスにハッカーが侵入した。約7700万人と過去最大規模の個人情報が外部に流出した恐れがある。具体的な被害状況や侵入手口は不明だが、ネットワーク事業を核に据えて高い技術力を持つソニーが被害を受けたことは、ハッカーの手法が一段と高度化していることを示す。ネットを活用するあらゆる企業が個人情報保護対策の練り直しを迫られそうだ。

ソニーグループでゲームを配信するプレイ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1250文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン