/

この記事は会員限定です

個人投資家、慎重と楽観入り交じり 株式相場乱調で

[有料会員限定]

株式相場の乱調が収まらず、個人投資家は慎重姿勢と楽観が入り交じった状態だ。短期の利益を狙った信用取引で損失を出す投資家がいる一方、企業収益などファンダメンタルズ(経済の基礎的条件)に注目する投資家が、株価下落を逆に好機とみて買いを入れる動きも目立つ。

「(信用取引に必要な追加担保の)追い証が発生した。手持ちの株をどれくらい売却したらよいか」。ネット証券大手の松井証券には、先週末からこんな問い合わ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り835文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン