就活12月スタート2年目、学生確保にはやる企業

(1/2ページ)
2012/11/27付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

2014年卒業予定者の就職活動が来月から本格化する。経団連が採用活動指針を見直し、就活期間が2カ月短くなって2年目。1年目を終え、学業との両立が進んだとの評価がある一方、企業と学生の接触する時間が短くなったことへの懸念も出ている。採用のミスマッチを防ぐため、企業にインターンシップの活用や選考期間の延長などの動きが広がっている。

文部科学省と厚生労働省の調査によると、来春卒業予定の大学生の10月1…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]