不振のマック「驚き提供できなかった」(真相深層)
原田会長兼社長に聞く

(1/2ページ)
2013/3/28付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日本マクドナルドホールディングスの業績がさえない。2012年12月期は既存店売上高が9期ぶりに前年実績を下回り、7期ぶりの経常減益に。今年に入っても同売上高の2ケタ減が続く。100円メニューなどを武器にデフレを乗り切ってきた同社が不振に陥っているのはなぜか。原田泳幸会長兼社長に低迷の理由と打開策を聞いた。

■夕食需要が減少

――売り上げが落ち込んだ原因をどう分析していますか。

「内なる要因が大きか…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]