/

この記事は会員限定です

外食、輸入米採用じわり 国産米とブレンド

[有料会員限定]

外食業界では輸入米を採用する動きがじわりと広がる。食材が高騰するなか、原価を低減する狙いだが、食味を考えて国産米とのブレンドで提供する動きが中心だ。三光マーケティングフーズは牛丼店で4月から国産米に中国産米を混ぜて使用。味に関する苦情は「ほとんどない」という。

レインズインターナショナルは同社で使うコメの2割に相当する月間30トンの米国産コシヒカリの調達を検討。卸値をみて決めるが、居酒屋などでの使...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り244文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン