離党、54人が焦点 少数与党なら政権苦境に

2012/6/26付
情報元
日本経済新聞 電子版
共有
保存
その他

 26日の衆院本会議の採決は、民主党の造反議員の規模が焦点になる。小沢元代表が視野に入れる離党、新党結成に同調する議員が54人以上になると与党は衆院で半数を割り込む。内閣不信任決議案が可決される公算が大きくなり、首相の政権基盤が揺らぐ。

 衆院の定数は480、欠員が1。与党の現有勢力は、民主党会派を離脱中の横路孝弘議長を除いて292だ。議長は慣例で採決には加わらず、「可否同数」の場合は議長の判断に委…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ

関連キーワードで検索

小沢横路孝弘

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 2:00
2:00
東北 2:00
2:00
関東 2:00
2:00
東京 1:00
1:00
信越 2:00
2:00
東海 4:00
4:00
北陸 2:00
2:00
関西 2:00
2:00
中国 2:00
2:00
四国 2:00
2:00
九州
沖縄
2:00
2:00

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報