/

この記事は会員限定です

節電の夏間近、対策見直し 日本電産は一部海外に

[有料会員限定]

本格的な節電が必要な7月が間近に迫り、企業が東日本大震災後に打ち出した節電対策を相次いで見直している。節電対象の地域が西日本に広がる一方で、サプライチェーン(供給網)の復旧で生産の回復ペースが速まり、当初の見込みが変わってきた。長期間を予定した夏休みの短縮や、設備の海外への移管検討など、各社ともぎりぎりの調整を続けている。

日本電産は21日、関西電力が企業に前年比15%の電力削減するよう要請した...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り700文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン