/

この記事は会員限定です

社外取締役の選任促す 改正会社法が成立

[有料会員限定]

社外取締役の選任を促すことで企業統治の強化を目指す改正会社法が20日、参院本会議で可決、成立した。親会社の株主が子会社役員の責任を追及できる「多重代表訴訟制度」なども盛り込んだ。2015年4月に施行する見通しだ。

改正法は社外取締役の選任義務化を見送ったが、選任しない企業には株主総会で理由の説明を義務づけた。選任を促すために「監査等委員会設置会社」制度も新設。2人以上の社外取締役が過半数を占める...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り752文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません