/

この記事は会員限定です

環境税、企業・家計にジワリ負担 来月に導入

[有料会員限定]

10月1日に地球温暖化対策税(環境税)が導入される。ガソリンは1リットルあたり0.25円の増税となるが、ガソリンスタンド(給油所)が負担する見通し。電気やガス料金は消費者に負担を求める可能性が高い。税率は2016年4月まで3段階で引き上げられ、完全実施後は全体で2623億円の増税となる。中小事業者や家計にジワリと負担がのしかかる。

環境税は原油や天然ガスなどにかかる石油石炭税に一定額を上乗せするも...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り839文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン