/

この記事は会員限定です

時価総額、米企業が上位独占 日本勢じわり浮上

中国はトップ10の座失う

[有料会員限定]

世界の上場企業の株式時価総額で上位の顔ぶれが変わってきた。米国を中心に先進国企業の優位が鮮明で、9月末時点で上位10社を米国と欧州で独占した。トヨタ自動車など日本勢も浮上。一方で新興国に一時の勢いはなく、中国勢は約8年ぶりにトップ10の地位を失った。足元では米国の財政問題がくすぶるものの、先進国景気は底堅さをみせ、グローバルに稼ぐ企業を中心に市場の評価を高めている。

【ニューヨーク=川上穣】米調査...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1100文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン