縮むビール市場 ワイン・ハイボールに流出
12年出荷量、8年連続マイナス確実

2012/10/12付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

国内ビール類市場が8年連続で縮小することが確実となった。今年は東日本大震災からの反動による増加も予測されたが、大手5社が11日に発表した1~9月の課税済み出荷量は前年同期比1.4%減。低価格化が進むワインや缶入りハイボール、さらにはノンアルコールビールが需要を奪うという市場の変動が鮮明になってきた。

1~9月の出荷量は3億2076万ケース(1ケースは大瓶20本換算)と同時期としては過去最低。昨年…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]