/

この記事は会員限定です

電力不安、関西が焦点に 高い原発依存度響く

[有料会員限定]

政府が原子力発電所再稼働の新たな安全基準導入を決めたことで、定期検査の終了が遅れることが確実になった。東京電力では夏場は節電が効果を発揮してひとまず余力を確保できそうだが、原発依存度が電力各社の中で最も高い関西電力などで安定供給が焦点になってきた。各電力会社で冬の供給力確保も重要な課題に浮上してきた。

東京都心では11日、最高気温が33.8度を記録。冷房需要の増加で電力需要も朝から急上昇し、今夏最...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1083文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン