/

この記事は会員限定です

ビッグデータ、米は自主規制尊重 欧州、個人に消去権利検討

[有料会員限定]

日本、米国、欧州ともに、企業のビッグデータ活用を促すうえで適切なプライバシー保護が不可欠だという考えは共通している。ただ、具体的なルールのあり方では、先行する米国と欧州の間で違いがある。

米国では分野横断的な個人データ保護の仕組みはない。業界ごとに事業者団体と消費者が一緒に自主ルールを作成。違反企業には米連邦取引委員会(FTC)が重い制裁を科すという事後規制型の仕組みを採っている。

一方、欧州連合...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り443文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン