/

この記事は会員限定です

電子マネー2.4兆円、3年で倍 値引き効果で主婦利用

2012年の決済額

[有料会員限定]

電子マネーの利用が広がっている。主要6規格の2012年の決済総額は約2兆4千億円と、この3年間で2倍に増えたもようだ。けん引役は買い物に使えるポイントを還元するイオンなど大手流通系の電子マネー。商品によってはポイントを増やす実質的な値引きもあり、デフレ下の生活防衛ツールとして消費者に浸透が進む。

日本経済新聞がワオン(イオン系)、ナナコ(セブン&アイ・ホールディングス系)、スイカ(東日本旅客鉄道系...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1058文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン