ギリシャ支援、ユーロ揺さぶる 通貨統合の構造問題も

2010/5/6付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【リスボン=赤川省吾】ギリシャの支援策を巡って欧州の苦境が続いている。国際通貨基金(IMF)と3年間で1100億ユーロ(約13兆円)に上る協調融資で合意したにもかかわらず、6日にユーロ安が急速に進むなど不安は晴れないままだ。欧州連合(EU)全体のわずか2%程度の経済力しかないギリシャがユーロ圏全体を揺らしたことで、通貨統合の構造問題も改めて浮き彫りになってきた。

「私にとって、デフォルト(債務不…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]