2019年8月23日(金)

中国は「警戒論」を意識 対日改善姿勢アピール

2010/10/5 11:39
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【北京=佐藤賢】中国政府には日本との首相会談に応じるだけの事情があった。相次ぐ国際会議を控えたこの時期に、国際社会で広がる兆しもある「対中警戒論」は中国としても抑えたいところ。このため、中国人船長の釈放後の日本政府の対応を「一定の対中配慮が見られる」と評価し、対日関係の改善姿勢をアピールしたとみられる。

中国政府関係者は、菅首相が衝突事件の映像を公開していないことや、アジア欧州会議(ASEM)首…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。