ロンドン株16日 0.66ポイント高の5276.10で終了

2010/8/17付
保存
共有
印刷
その他

【ロンドン=欧州総局】16日のロンドン株式相場はほぼ変わらず。FTSE100種総合株価指数は前週末終値に比べ0.66ポイント高の5276.10で引けた。半数以上の銘柄が上昇した。

鉱業株が全面高。ベダンタ・リソーシズは石油・ガスのケアン・エナジーのインド部門の一部買収で合意したことを受けて、それぞれ5%前後買われた。同業のアフリカン・バリック・ゴールド(ABG)やエクストラータの上げも目立った。

ネクストなど小売り株やインペリアル・タバコなどたばこ株も高い。

半面、銀行株のロイヤル・バンク・オブ・スコットランド(RBS)とロイズ・バンキング・グループは安い。

石油のBPも下がった。米アラバマ州が原油流出事故で同社を提訴したことで、同様の問題が今後も起こるとの懸念が広がった。同業のロイヤル・ダッチ・シェルも下落した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]