/

米国株、3日続伸 ダウ114ドル高で1週間ぶり1万5000ドル台回復

【NQNニューヨーク=増永裕樹】27日の米株式相場は3日続伸した。ダウ工業株30種平均は前日比114ドル35セント(0.8%)高の1万5024ドル49セントで終え、19日以来約1週間ぶりに節目の1万5000ドルを上回った。米連邦準備理事会(FRB)高官の発言を受け、量的金融緩和が早期に縮小するとの懸念が後退。良好な米経済指標の発表も相次ぎ、幅広い銘柄に買いが入った。

午前発表の5月の米仮契約住宅販売指数が大幅上昇し、6年5カ月ぶりの水準まで持ち直した。5月の個人消費支出も前月比で増加し、米景気の勢いが増しているとの見方が浮上。投資家の景況感が強気に傾き、運用リスクをとる動きが広がった。

ニューヨーク連銀のダドリー総裁が同日午前、「政策金利の引き上げはかなり先になる可能性が高い」などと発言。FRBのパウエル理事は、米国債購入を柱とする量的緩和策の縮小を巡る市場の反応は過剰だとの認識を示した。同理事が今後の政策は景気次第と強調したこともあり、早期の緩和縮小を警戒する雰囲気を和らげた。

ハイテク関連株の比率が高いナスダック総合株価指数は前日比25.64ポイント(0.8%)高の3401.86で終えた。

業種別S&P500種株価指数は全10業種のうち9業種が上昇。「金融」や「電気通信サービス」の値上がりが目立ち、「素材」が下げた。ニューヨーク証券取引所(NYSE)の売買高は約7億4000万株(速報値)、ナスダック市場は約16億4000万株(同)だった。

パソコン大手のヒューレット・パッカード(HP)が上昇。航空機のボーイングや大手銀のバンク・オブ・アメリカも上げた。食品のコナグラ・フーズが大幅高。収益力の改善を示した四半期決算を評価する買いが入った。

一方、日用品のジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)が安く、飲料のコカ・コーラも下げた。住宅建設のKBホームは小幅安。決算が収益の持ち直し傾向を示したが、同業他社と比べた改善ペースが鈍いとして利益確定売りに押された。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン