/

米国株反発、ダウ100ドル高 経済指標改善を好感 金融株上昇

【NQNニューヨーク=大石祥代】25日の米株式市場でダウ工業株30種平均は反発し、前日比100ドル75セント(0.7%)高の1万4760ドル31セントで終えた。住宅関連など米経済指標が相次いで市場予想以上に改善したのを好感。景気動向に業績が左右されやすい金融株を中心に買いが入った。中国の短期金融市場の混乱が落ち着くとの観測も相場を支えた。

4月のS&Pケース・シラー住宅価格指数で全米20都市の指数が前年同月比12.1%上昇と約7年ぶりの高い伸びになった。5月の新築住宅販売件数は4年10カ月ぶり、6月の米消費者信頼感指数は5年5カ月ぶりの高水準にそれぞれ改善。住宅建設株などに買いを誘った。

中国人民銀行(中央銀行)幹部が高止まりする同国の短期金利について「合理的なレンジに導く」と述べたほか、人民銀は一部金融機関に資金供給したとも伝わった。中国市場の混乱が欧米に広がったり、中国景気を一段と減速させたりするおそれがやや薄らぎ、非鉄のアルコアや建設機械のキャタピラーなど「中国関連株」への買い安心感につながった。

最近の相場が下落していた反動で、短期的な戻りを期待した買いも入りやすかった。

ハイテク株比率が高いナスダック総合株価指数は5営業日ぶりに反発し、前日比27.13ポイント(0.8%)高の3347.89で終えた。

業種別S&P500種株価指数は全10業種が上昇。「電気通信サービス」「金融」「公益事業」の上昇が目立った。ニューヨーク証券取引所(NYSE)の売買高は約8億1000万株(速報値)、ナスダック市場は約16億2000万株(同)だった。

住宅建設のレナーが上げた。四半期決算は特殊要因で減益だったが、売上高が大幅に増えた。同業のトール・ブラザーズやパルトグループも上昇した。

増益決算を発表したクルーズ船運営のカーニバルが大幅高。米銀大手のバンク・オブ・アメリカやJPモルガン・チェースが高い。通信のベライゾン・コミュニケーションズやIT(情報技術)のヒューレット・パッカード(HP)も上げた。

一方、赤字幅が前年同期から大幅に拡大した書店チェーンのバーンズ・アンド・ノーブルが急落。四半期決算の内容が市場予想に届かなかったドラッグストアのウォルグリーンが大幅安。医療保険のユナイテッドヘルス・グループや製薬のメルク、マイクロソフトが下げた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン