/

米国株続落、ダウ216ドル安で1万5000ドル割れ リスク回避の売り

【NQNニューヨーク=古江敦子】5日の米株式相場は大幅に続落し、ダウ工業株30種平均は前日比216ドル95セント(1.4%)安の1万4960ドル59セントで終えた。終値で1万5000ドルを下回るのは5月6日以来ほぼ1カ月ぶり。前日比の下げ幅は4月15日以来の大きさだった。米国の量的金融緩和策の先行きを巡る不透明感を手掛かりに、投資家が運用リスクを避けるため幅広い銘柄に売りを出した。

5月の米雇用統計の発表を7日に控え、米連邦準備理事会(FRB)が量的緩和を早期に縮小するかどうかについて市場の不安感が改めて強まったという。FRBは「米労働市場の見通しが十分に改善するまで」現行の量的緩和策を続ける方針。雇用統計が予想外に改善するなど結果次第では米金融政策の方向が大きく変わりかねないだけに、投資家は株式の買いを手控え、持ち高調整の売りを先行させた。

民間雇用関連サービス会社が発表した5月の「ADP全米雇用リポート」で非農業部門雇用者数(政府部門は除く)の伸びが市場予想を下回った。だが市場の関心は雇用統計に向かっており、ADPリポートは特段の取引材料にならなかったという。

ハイテク株比率が高いナスダック総合株価指数は前日比43.78ポイント(1.3%)安の3401.48と5月7日以来ほぼ1カ月ぶりの安値で終了した。

業種別S&P500種株価指数は「素材」や「金融」、「資本財・サービス」など全10業種が下げた。売買高はニューヨーク証券取引所(NYSE)が約7億4000万株(速報値)、ナスダック市場は約17億7000万株(同)だった。

個別銘柄では半導体のインテルや非鉄のアルコア、化学のデュポンの下げが目立った。増配と自社株買いを発表した医療保険のユナイテッドヘルス・グループは買いが先行したが、相場全体の下落につれて下げた。ダウ平均を構成する全30銘柄が下落した。

一方、ドラッグストアのウォルグリーンが上昇。5月の既存店売上高が前年同月比で増加し、市場予想を上回ったことが好感された。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン