/

米国株、ダウ反落 139ドル安で2カ月ぶり安値 金利上昇を嫌気

【NQNニューヨーク=岩切清司】24日の米株式市場でダウ工業株30種平均は反落した。終値は前週末比139ドル84セント(0.9%)安の1万4659ドル56セントとなり、4月22日以来約2カ月ぶりの安値を付けた。一時は下げ幅が248ドルに達した。アジアや欧州の株式相場が下落した流れが波及したほか、米長期金利の急騰を嫌気した。午後に入ると下げ渋る場面もあった。

ハイテク株比率の高いナスダック総合株価指数は4日続落。終値は前週末比36.49ポイント(1.1%)安の3320.76で、5月1日以来の安値だった。

中国の短期金融市場が、当局による過剰流動性の引き締めを警戒した混乱状態にあり、同国の株式相場が急落した。東京市場では日経平均株価が下げたほか、欧州でも南欧諸国などの金利上昇を背景に株式相場が下落した。世界的に金融資産に換金売り強まったため、米株式市場でも売りが先行した。

債券市場では朝方に米10年物国債利回りが上昇(価格は下落)し、2011年8月以来となる2.6%台に乗せた。最近の金利上昇ペースが速いことで実体経済に及ぼす悪影響も米株式市場では懸念された。

だが午後に入って米長期金利の上昇に一服感が強まると米国株には押し目買いが入り、ダウ平均が下げ幅を縮小する場面もあった。

機関投資家が運用指標として重視するS&P500種株価指数は反落し、4月22日以来の低水準となった。

業種別S&P500種株価指数は全10業種が下落。景気動向に敏感な「金融」や「素材」の下げが目立った。

ニューヨーク証券取引所(NYSE)の売買高は約9億7000万株(速報値)、ナスダック市場は約19億7000万株(同)。

シティグループなど大手銀株が米金利急騰を嫌気して軒並み売られた。

火力発電による二酸化硫黄(SO2)などの排出規制強化を警戒して石炭大手のピーボディ・エナジーやアルファ・ナチュラル・リソーシーズが大きく下げた。

病院運営のテネット・ヘルスケアが高い。同業のバンガード・ヘルス・システムズを買収すると発表し収益拡大期待が高まった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン