/

この記事は会員限定です

TPP、牛・豚肉の関税下げ視野 米に譲歩へ

[有料会員限定]

環太平洋経済連携協定(TPP)を巡る交渉で、日本と米国が18日から事務レベルで関税の撤廃を巡る話し合いを始める。日本は農産品、米国は自動車の輸入関税でお互いに譲る案を示す。米国は対象品目の内容を重視し、牛肉・豚肉、乳製品などの関税撤廃に向けて高い要求を突きつけている。日本は米国が求める品目の関税を下げる案などでしのぎたい考え。合意への道のりは険しそうだ。

大江博首席交渉官代理が18日から、来日中の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り827文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン