/

この記事は会員限定です

アサヒ、東南アジアで攻勢 欧米勢追撃へ2工場

[有料会員限定]

アサヒグループホールディングス(GHD)はタイとインドネシアに近く新工場を開設し、清涼飲料の「カルピス」などを増産する。買収したマレーシアの乳製品大手を通じて空白地だったベトナムにも足場を確保。ミャンマー進出も決めており、フィリピンを除く主要国で自前の拠点が整う。東南アジアを「面」でとらえる体制をつくり、日本勢が出遅れてきた成長市場で巻き返しを狙う。

年内にインドネシアの西ジャワ州に清涼飲料の工場...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1372文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン