日経平均、終値208円高の9260円 今年最大の上げ幅
追加緩和を好感、半年ぶり高値

2012/2/15付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

15日の東京株式市場で日経平均株価は大幅に続伸した。終値は前日の終値と比べ208円27銭(2.30%)高い9260円34銭だった。昨年8月5日(9299円)以来、約半年ぶりの高値で取引を終えた。日銀の追加金融緩和をきっかけに外国為替市場で円を売る動き…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]