日経平均、大幅続伸 終値401円高の9608円
リスク回避姿勢やや修正

2011/3/22付
保存
共有
印刷
その他

22日の東京株式市場で日経平均株価は大幅続伸した。終値は前週末の18日終値に比べ401円57銭(4.36%)高い9608円32銭で引けた。14日以来、約1週間ぶりの水準を回復した。連休中の海外市場で欧米の株式相場が上昇、投資家がリスク性の高い資産を回避する動きに歯止めがかかったことを好感した。アジア株が総じて上昇したことも買い安心感につながった。東日本大震災によって発生した福島第1原子力発電所の事故は、外部からの電源供給にめどが立つなど、深刻な状況への対応策が具体化しつつあり、投資心理の改善につながった。

東証1部の売買代金は概算で2兆2635億円(速報ベース)。

〔日経QUICKニュース〕

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]