2018年11月19日(月)

日経平均大引け、9日続伸 円安や株の先高観で買い優勢

2013/12/30付
保存
共有
印刷
その他

30日の東京株式市場で日経平均株価は9日続伸。終値は前週末比112円37銭(0.69%)高の1万6291円31銭だった。9連騰は2009年7月14~27日以来。円相場が1ドル=105円台に下落したことを受けて、日本企業の輸出採算が一段と改善するとの見方から買いが先行した。日本株の先高観から個人投資家が買いを入れた面もあった。後場には株価指数先物に断続的に買いが入り、日経平均の上げ幅は100円を超えた。東証1部の売買代金は概算で2兆2099億円(速報ベース)だった。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報