NY株、大幅反発173ドル高 GM株再上場を好感

2010/11/19付
保存
共有
印刷
その他

【NQNニューヨーク=横内理恵】18日の米株式市場でダウ工業株30種平均は3営業日ぶりに大幅反発し、前日比173ドル35セント高の1万1181ドル23セント(速報値)で終えた。欧州連合(EU)などによるアイルランドの財政支援が近くまとまるとの思惑などから、欧州の財政・金融不安がやや和らいだ。米経済指標の改善もあって、投資家心理が改善した。ニューヨーク証券取引所(NYSE)などに同日、再上場したゼネラル・モーターズ(GM)の株価が公募価格を上回って推移したことも好感された。

11月のフィラデルフィア連銀景気指数が大きく上昇したことも支援材料だった。ここ一週間半ほど、株価が調整する場面が目立っていたため、値ごろ感からの買いも入った。

ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は続伸し、同38.39ポイント高の2514.40(同)で終えた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]