米国株、ダウ小幅続伸 連日で最高値、金融株が高い

2013/7/13付
保存
共有
印刷
その他

【NQNニューヨーク=横内理恵】12日の米株式市場で、ダウ工業株30種平均は小幅ながら続伸した。前日比3ドル38セント高の1万5464ドル30セント(速報値)で終え、連日で過去最高値を更新した。大手金融機関が発表した4~6月期決算が市場予想を上回る内容となり、景況感が強気に傾いた。金融株を中心に買いが優勢になった。

ただ、相場は売りに押される場面もあった。中型旅客機「787」が出火したと伝わった航空機のボーイングが大幅下落。ダウ平均を構成する同社株の下げが響いた。

ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は7日続伸。前日比21.78ポイント高の3600.08(速報値)と、2000年9月29日以来、約12年9カ月ぶりの高値で終えた。7日続伸は11年6月下旬から7月上旬までにあった8日続伸以来、約2年ぶり。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]