/

この記事は会員限定です

現実を拡張せよ AR最先端事情

[有料会員限定]
 モノや建造物、空間など現実世界(リアル)をデジタル処理で広げる「空間拡張」が社会に溶け込みつつある。建物に映像を投射する「プロジェクションマッピング」や、実際の光景にデジタルの画像を重ね合わせる「AR(拡張現実)」といった技術が未来を予感させる。日本勢もさまざまな提案で気を吐く。

2014年2月までシンガポールで開催中の現代アートの祭典、ビエンナーレ。ここで日本のベンチャーの作品が高い評価を受け...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2163文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン