消費増税や原発再稼働…長期政権試す今年の関門

2014/1/1付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

安倍晋三首相は2014年も経済優先の政権運営で臨む。今年は大型の国政選挙がない可能性が大きく、長期政権をにらんで実績を上げるシナリオを描く。春からは集団的自衛権の行使を認める議論を本格化する考えで、容認に慎重な公明党との調整が焦点になる。4月の消費増税のほか原子力発電所の再稼働など春以降は長期政権への関門が相次ぐ。

首相は1日付で発表した年頭所感で「『強い日本』を取り戻す戦いは始まったばかり。今…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]