/

地震で消えた「阿蘇大橋」 記者が見た崩落の惨状

日経コンストラクション
2016年4月16日未明の本震後、熊本県南阿蘇村の「阿蘇大橋」が崩落したという情報が、報道やインターネット上で飛び交い始めた。結果的にこの情報は真実だったが、当時は真偽を判断する材料がない。熊本地震の取材で現地入りしていた日経コンストラクション記者は、自分の目で確かめるため、16日朝に熊本市内から国道57号をたどって南阿蘇村に向かった。
阿蘇大橋付近で発生した大規模な斜面崩壊。写真を斜めに横切る国道57号を寸断した。阿蘇大橋は、国道57号と、写真右下で左にカーブする道路の間に架かっていた(写真:アジア航測)
阿蘇大橋は橋台と桁の一部を残して谷底に姿を消した。地震で落橋したか、斜面崩壊が原因で谷底に落ちたかは現時点で明らかになっていない(写真:国土地理院)

頻発する余震で眠れぬ夜が明け、ヘリコプターやドローン(小型無人航空機)による空撮映像などが出回るまで、阿蘇大橋の落橋は噂の域を出なかった。かくいう筆者も半信半疑だった。というのも、同じく落橋の報道があった「龍神橋」は、落ちていなかったからだ。

龍神橋は、熊本大学付近の白川に架かる。南阿蘇村に向かう前に立ち寄ってみると、車の通行は規制されていたものの、近所の人は徒歩で橋を渡っていた。もしかしたら阿蘇大橋も、落ちてはいないのかもしれない――。そんな風に考えながら、国道57号を東に向かった。

黒川に架かる阿蘇大橋は、橋長約205m、幅8mの上路式トラスト逆ランガー桁橋。1970年に完成した。熊本市内から阿蘇方面に向かう際に利用される交通の要衝だ。地元の人には、「自殺の名所」としても知られている。

かつては塗装が赤かったので「赤橋」と呼ばれていたが、縁起が悪いとして緑色に塗り替えられた――。そんな話をタクシーの運転手に教えてもらいながら、「今日は昼過ぎから雨が降るというから危険だ。急いで帰ってこなければならない」などと頭の中で滞在時間を計算した。

阿蘇大橋の側面図(資料:戸塚誠司著「熊本県下における近代橋梁の発展史に関する研究」)

車を置き、国道57号を東へ歩く

熊本市中心部から車で40分ほど走り、午前9時30分ごろに国道57号が県道207号と交差する「阿蘇口」にたどり着いた。警察が規制線を張っている。ここからは車を止めて徒歩で先に進まなければならない。

地震の被害を受けた建物。路面には亀裂が走っている(写真:日経コンストラクション)

車はもちろん、人もほとんど見当たらない。聞こえるのは風の音だけだ。道路沿いの家屋の瓦は落ち、路面にはところどころに亀裂が走っている。天気の良さが、かえって不気味さを増している。

立野跨線橋の手前で道路に亀裂や沈下が生じていた(写真:日経コンストラクション)

早足でしばらく進むと、右手にJR豊肥本線と南阿蘇鉄道が乗り入れる立野駅が見えた。いずれの路線も被災して運休中だった。線路をまたぐ立野跨線橋の手前の路面には、亀裂や段差が生じている。復旧に当たる工事関係者の姿を見るだけで、少しほっとする。

目の前で崩れる北向山の斜面

立野跨線橋を越えてさらに東に進むと、左手に九州電力黒川第一発電所が見えてきた。発電所の水圧管と交差する国道57号の本村橋から、しばし水圧管に見入っていると、突然、前方の北向山の斜面が崩れ、土煙が舞い上がった。よく見ると、北向山の斜面には崩壊の跡がいくつも残っている。余震があったのだろうか、時々岩石が崩落したり、土が舞ったりしている。

奥が黒川第一発電所。写真ではうかがえないが、尾根にある発電所の施設は大規模な斜面崩壊の被害を受けた。発電所付近の路面には亀裂が生じていた(写真:日経コンストラクション)
土煙を上げる北向山。手前は黒川第一発電所の水圧管(写真:日経コンストラクション)

多数の斜面崩壊に見舞われた南阿蘇村。国土地理院が4月18日にまとめた土砂崩壊地分布図を見ると、立野地区や河陽地区、阿蘇山の西麓・西南麓などに集中している。

北向山にはいくつもの斜面崩壊が見られた(写真:日経コンストラクション)

まるで土砂災害の"巣"だ――。現地を歩きながらこんな風に感じていたが、後に分布図に示された崩壊地の数を見て、さらに驚きを強くした。

国土地理院がまとめた土砂崩壊地分布図に、日経コンストラクションが一部加筆。同院は、本震後に撮影した写真から崩壊地を判読。1ha(ヘクタール)以上を「土砂崩壊地(大)」、0.1~1haを「土砂崩壊地(小)」とした

土砂に巻き込まれかけた男性とすれ違う

道中、熊本市方面に向かって1人で国道57号を歩く若い男性とすれ違った。報道関係者ではなさそうだ。「阿蘇大橋は本当に落橋したのですか」。こう尋ねると男性は、「橋はありませんよ」とはっきり言い切った。詳しく聞くと、男性は阿蘇大橋に襲いかかった土砂に巻き込まれそうになり、九死に一生を得たという。

南阿蘇村に向かって車を走らせていたこの男性は、前方で崩れ落ちる土砂に気付く。あわててバックし、土砂には巻き込まれずに済んだものの、後方では道路が一部崩落していた。車は、今にも落ちそうな状態で崩落した道路の縁に引っ掛かったという。国土地理院がドローンで撮影した映像で後に確認すると、確かに白っぽい車が崩落した国道57号の縁で止まっていた。

男性が乗っていたとみられる車の位置。国土地理院の資料に日経コンストラクションが加筆

やけに冷静な男性の口ぶりと、山に刻まれた多くの斜面崩壊の跡。本当に阿蘇大橋は落橋したのだと、このとき確信した。

やはり阿蘇大橋はなかった

阿蘇口から歩くこと約40分、阿蘇立野病院の前にたどり着くと、これ以上は国道57号を進めなくなった。すぐ先で道路の一部が崩落しているうえ、斜面が崩壊する危険性が高いため、警察が規制を張っていたからだ。

国土交通省が周辺の調査に訪れていた(写真:日経コンストラクション)

航測大手のパスコによると、阿蘇大橋の付近で発生した斜面崩壊では24万m3(立方メートル)もの土砂が幅140m、長さ350mにわたって崩れたという。残念ながら、たどり着いた場所からはその様子を見ることができなかった。なるべく現場に近づこうと南にそれて耕作地を貫く道を進み、阿蘇大橋があるはずの位置を探した。やはり、そこに橋はなかった。

耕作地や道路には巨大なクラックが何本も走り、今にも崩落しそうだ。数枚の写真を急いで撮影してから、熊本市方面にきびすを返した。そう、午後は雨だ――。

国道57号の南側に広がっていた耕作地を東に進み、南阿蘇村の河陽地区(正面)と立野地区(写真左手)の様子を撮影した。写真は数枚の写真を重ね合わせたもの。土砂が至る所で崩落している様子が分かる。阿蘇大橋は写真の左手に架かっていたが、跡形もない。耕作地には巨大なクラックが入っており、前方で道路が途切れている(写真:日経コンストラクション)

(日経コンストラクション 木村駿)

[日経コンストラクションWeb版2016年4月22日付の記事を再構成]

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン