/

不透明さを増す不動産市況

(映像解説)

マイナス金利導入による金利の先安観を背景に、相対的に大きなリターンを見込める不動産投資が注目を集めている。民間・公的金融機関の不動産業向け融資残高は史上最高の水準となっている。一方で不動産市況のピークアウトが近いのではないかとの警戒の声もある。日経不動産マーケット情報の三上一大編集長が不動産市況の現状と見通しを解説する。

詳しくは映像をご覧ください。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン