チャレンジ!パラスポーツ最前線

フォローする

パラ競泳、リオ選考は初の一発勝負 選手を触発

(3/3ページ)
2016/4/21 6:30
保存
共有
印刷
その他

一発勝負に課題がないわけではない。知的障害には調子の波が大きい選手がいて、選考会当日にきちんと合わせる難しさは事前に指摘されていた。実際、このところ記録を伸ばし、昨年度の知的障害部門男子で100メートルと200メートル自由形、200メートル個人メドレーで次々と日本新記録を出した東海林大はピークをもってこられなかったのか惨敗、切符を逃した。

代表に内定した山田拓朗=共同

代表に内定した山田拓朗=共同

選手がリオでどう奮起するかに注目

それでも峰村史世・日本代表チーム監督は「本番は常に一発勝負。そこで力を発揮することがさらなる強さにつながる」と、今回の選考法を評価する。山田も「一発勝負でこれだけ注目されてうれしい。選手の意識もその分向上させ、気持ちを強くもって常に上を目指す意識を貫かないといけない」と感想を語った。

もともと戦傷者のリハビリ目的で始まった障害者スポーツだが、北京大会以降の競技性を追求する流れは今後も止まらないだろう。遅まきながらその時流に追いつこうとしている日本のパラ競泳だが、昨年の世界選手権では金2個を含むメダル7個と、何とかロンドンと同じレベルでは世界と戦えた。今回の一発選考で尻をたたかれた選手たちが、リオでどう奮起するか。注目してほしい。

(摂待卓)

チャレンジ!パラスポーツ最前線をMyニュースでまとめ読み
フォローする

  • 前へ
  • 1
  • 2
  • 3
保存
共有
印刷
その他

五輪関連コラム

障害者スポーツコラム

電子版トップスポーツトップ

チャレンジ!パラスポーツ最前線 一覧

フォローする
MWCCで初優勝を果たした男子日本代表

 車いすバスケットボール男子日本代表が6月8~10日に武蔵野の森総合スポーツプラザ(東京・調布)で行われた国際大会「三菱電機ワールドチャレンジカップ(MWCC)」で初優勝を果たした。2016年リオデジ …続き (2018/6/19)

合宿で練習する日本代表。日本でアイススレッジホッケーの灯を絶やさないためにも、平昌パラ出場は絶対条件だろう

 28日から北海道苫小牧市の白鳥王子アイスアリーナで、2018年平昌パラリンピック最終予選の出場権をかけたアイススレッジホッケーの世界選手権Bプール(2部に相当)が開催される。
 10年バンクーバー・パ …続き (2016/11/24)

女子で16連覇しているオランダの牙城を崩すには上地の活躍が欠かせない

 車いすテニスの国別対抗戦ワールドチームカップが23日から28日まで、東京都江東区の有明コロシアムと有明テニスの森公園で行われる。健常者テニスの国別対抗戦であるデビスカップ(男子)やフェドカップ(女子 …続き (2016/5/21)

ハイライト・スポーツ

[PR]