/

この記事は会員限定です

消えるミセス・ワタナベの円売り

経済部 南毅郎

[有料会員限定]

外国為替証拠金(FX)取引で個人投資家による円売り・ドル買い圧力が弱まっている。急速に円高・ドル安が進み、自主的に損切りなどに動いているためだ。本来、個人は相場の流れに逆らう「逆張り」の取引を得意とするため、高値圏では円売り・ドル買いに動いても不思議ではない。だが、足元では相場を慎重に見極めようと新たな円売りは盛り上がっておらず、むしろ一段の円高を予想する「順張り」に心変わりしている。円高の勢い...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り794文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン