中日・大野、最多勝への道は自分で切り開く
スポーツライター 浜田昭八

(1/2ページ)
(1/2ページ)
(1/2ページ)
2016/4/11 6:30
保存
共有
印刷
その他

近年の中日は"アラフォー軍団"とからかわれた。落合博満監督のころはベテラン勢が奮闘し、安定した強みを発揮した。だが、そのベテラン勢の奮闘があだとなった。投手の山本昌、川上憲伸、岩瀬仁紀、野手の谷繁元信、和田一浩らが40歳前後になっても第一線で頑張り、チームの新旧交代が遅れた。

若手起用で投手陣のリーダーに

2002年から11年間はBクラスなし。毎年優勝争いに絡んだ中日だが、13年から3年連続でB…

保存
共有
印刷
その他

プロ野球コラム

電子版トップ



[PR]