/

この記事は会員限定です

葬儀をしない寺、芸術活動や勉強会で社会つなぐ

[有料会員限定]

「葬儀をしない」「日本一若者が集まる」――およそ寺と似つかわしくない枕ことばが付く寺が大阪にある。電気街で知られる日本橋にほど近い應典院(おうてんいん)だ。コンクリート打ちっ放しのモダンな建築。音響や照明機能を備えた劇場型の本堂では演劇や勉強会、現代アートの展覧会などが年100回ほど開かれ、3万人が足を運ぶ。

「学び、癒やし、楽しみ。本来寺が持っていた3つの機能を取り戻したい」。廃寺同然だった應...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1606文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン