車両の電力3割減 京王電鉄、終わりなき省エネ投資

(1/2ページ)
2016/4/5 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他
 京王電鉄は2023年度までに列車の省エネルギー化に55億円を投資する。既存車両でモーターを効率よく動かす「VVVFインバーター制御装置」を最新のものに置き換え、車両の消費電力を約3割削減する。また、廃車を予定している車両を除く733両の照明を発光ダイオード(LED)照明に交換し、150万キロワット時の電力(一般家庭400世帯の年間使用量に相当)を削減する。

■保有車両の3割、モーター制御装置を最新

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]