/

この記事は会員限定です

増税延期と衆院解散で差 首相発言にみる思惑

政権運営にフリーハンド

[有料会員限定]

安倍晋三首相は2日、2017年4月の消費増税延期の政治判断を力説する一方、7月の参院選にあわせた衆院解散・総選挙を強く否定した。増税延期と解散に関する発言のニュアンスに差が出ているのは、政権運営のフリーハンドを保つため、との見方がある。

「引き上げを延期するかどうかについては、発生した事態のもとで、専門的な見地からの分析も踏まえ、そのときの政治判断で決定すべきだ」。首相は米ワシントンで1日(日本時...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り935文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン