JAL、重量管理システムの不具合で遅延・欠航相次ぐ

2016/4/1 23:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日本航空(JAL)で2016年4月1日午前7時48分ころにシステム障害が発生し、国内線で欠航や遅延が発生した。システムは午前9時40分に再起動し復旧した。

不具合が発生したのは飛行機内の重量バランスなどを計算する「重量管理システム」。性能が劣るサブシステムに処理を移したため、出発準備が遅れたという。システムは午前9時40分に再起動して復旧。JAL広報によれば午…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]